ANAに色々なことを問合せしたい!メールがいい?電話がいい?

飛行機に搭乗する前には、あまりにも久々、もしくは初めての場合は、義k門店ばかりがわいてくるものです。では、ANAにそういったことを問い合わせしたい場合には、どんな媒体を利用すればよいのか、どういった方法をどのように利用すればよいのかということを見ていきましょう。

ANAへの問い合わせはメール、電話、チャットでの対応をしてくれる!

飛行機という乗り物は、他の乗り物とはちょっと違った乗り物だと考えている方も多いでしょう。それもそのはず、必ず荷物検査があったり、チケットの名前のスペルなども1文字でも待ちがっていたら搭乗できない、ちょっとシビアな乗り物でもあります。

だからこそ、あまり飛行機に乗り慣れていない方はもちろん、乗り慣れている方だって、飛行機に乗る前には色々聞きたいなと思うことがよくありますよね。では、ANAへの問い合わせをしたい時には、ANAではどんな手段を用意しているのでしょうか。

まず、皆さんが「さあANAにこれを確認しよう」となった時に、とっさに電話することをイメージするのではないでしょうか。事実、電話での対応がメインとなっており、サービスセンターの方が問い合わせに対応してくれます。

電話料金は、全国一律料金となっています。他には、仕事が忙しくてなかなか電話でいないなんて方も利用しやすいメールです。「問い合わせ ANA」などと入力して検索すると、どんな内容を問い合わせたいかの項目があり、該当するものをクリックします。

そこからメールにて連絡するという欄をクリックすれば、メールで対応してくれます。同じ要領でチャットをしたいという方はチャットをクリックすれば、スタートします。ただし、どの場合もANAマイレージ会員の方とそうでない方という選択肢があります。

会員だとマイレージナンバーを入れるだけですが、そうでない方はあなたの詳細を細かく入力しなければならないので、やや手間取ります。どうせANA便を利用するということで、前もってマイレージ会員になっておくと、スムーズに問い合わせに進めるので、検討してみてくださいね。

米国のANAへ問合せしたい時にはどうすればいいの?!

ANA便は、世界各国に便を飛ばしています。中国や韓国、それに東南アジアにも直行便を出していますが、1つの国にいくつかの便を出していてどれも人気の路線を抱える国と言えば、アメリカです。アメリカにもANAのオフィスがありますし、空港にはANAラウンジを設けている空港もあります。

そこで、米国のANAへ問合せしたい時にはどうすればいいのかをご紹介したいと思います。もしかしたら現地で何かANAに頼らなければならないことも起こり得るかもしれませんから、ここで頭に入れておきましょう。

米国のANAのオフィスはロサンゼルスにあります。24時間サービスカスタマーセンターはやっているので、安心ですよね。電話番号は、1-800-235-9262で、これは、日本でいう所のフリーダイヤルになるので、通話料は無料です。

ただ、これでつながらない時もあるので、その際には、有料電話になりますが、310-782-3011にかけてみてください。基本的に、アメリカですから英語での対応となりますが、必ずそこには日本語ができるスタッフがいますので、もし英語に自信がないというのであれば、日本人スタッフに回してくださいと伝えましょう。

それも英語で言えないというのであれば、「Japanese please」と言えば、現地の英語スタッフの方もこういったお客さんが多いので、すぐに理解してくれます。特に朝早い時間というのは、昼にロサンゼルスから日本への便があったりするので、朝の時間に質問などで電話が集中します。

そのため、この時にはかなり電話を待たされることもあります。ですので、大体お昼すぎくらいが落ち着いた時間ですから、そのくらいの時間にかけてみると、スムーズに対応してくれるでしょう。

ANA 乗り継ぎTOP