ANAのハワイ路線の機内食や離乳食について教えて欲しい!

ANA便を使ってハワイへ行かれる方はカップル、それにファミリー、そして、赤ちゃん連れの方もよくいますが、ここで気になるのが機内食です。ANA便でのハワイ線の機内食や離乳食はどんなものになっているのでしょうか。ハワイは色々な世代の日本人が行かれるものですから、現地に行くまでも楽しむために、機内の食事について知っておきましょう。

機内食好き必見!ANAハワイ線ではこんな機内食が用意されています

機内食好き方は多くいるでしょうそれもそのはず、機内食というのは基本的には、国際線しか出ません(国内線でも早朝便だったり、特別クラスに乗れば出ることもありますし、購入すれば食べられます)。

ANAハワイ線では、こんな機内食が用意されています。エコノミークラスでは、基本的には和食か洋食となります。これは、乗る日付(シーズン)によって異なりますが、例えば、牛丼のようなもの、それに、オムライス的なものからビーフシチューなど、ローテーションで、機内食は変わります。

この機内食に関しても、日本からの出発便に関しては、茅乃舎の出しなどを用いた、体に優しい和食を要していたりと、日本らしい心遣いと、日本本来の美味しい味を追求した料理が提供されています。

ただし、よく国際線のエコノミーを利用される方はご存知のように、どの機内食にも制限数があります。最後の方にあたると、自分が食べたいと思う機内食にあたらないことがあるということは、ANA便だけにならず、他の便にもあり得ることなので覚えておいてください。

では、ANAのハワイ便、ビジネスクラスに関しての機内食はどうなっているのかというと、基本的にはアラカルト形式です。選び放題ということではなく、ある程度メニューは決まっており、その中でアペタイザーから各プレートをテーブルにもってきてもらうというものです。

その中でもいくつかメニューがあるので、CAさんにご希望をお伝えください。日本語しかできない場合であれば、ANA便は必ず日本語ができる乗務員が乗客しているので、その方に頼むか、それで時間がかかって嫌だという場合には、紙に筆記したり、メニューに書いてあるものを指さしてオーダーすれば伝わりますし、CAがそれに疑問を持ったら日本語ができるスタッフを送るので、問題を感じなくて済みます。

ANAハワイ線ではもちろん、離乳食だってオーダーできる!その内容は?

どんなANA便であっても、赤ちゃんに対しては特に寛容、敏感です。これは、ANAだけでなく、コストに厳しい米系航空会社であっても、この辺りはゆるい審査になっていますが、離乳食に関しては、航空会社によって異なる規定があるので、ここでは、あえて、人気の路線であるANAハワイ線についてスポットライトをあててみましょう。

ANAのハワイ線を赤ちゃんと搭乗した場合、離乳食はオーダーできるのでしょうか、できた所でその内容はどんなものなのでしょうか。気になるポイントは、離乳食のオーダーができるかどうかです。基本的に離乳食は2タイプです。

ドロドロの、大体5~7カ月の子供が食べるもの、そして、それ以降の子が食べられるような、やや固型に近い離乳食が用意されています。この1食の量が、大人の量を想定しているのか、よく食べるこの量を想定しているのか、かなりの量となっているので、長距離路線で、余ったものを次の食事にあてようと思ってキープしていると、結構な量が残ってしまいます。

ただ、それは旅行中の食事としても使えるので、キープできるものはそうして、食べるものは食べさせるというようにすれば、子供の食費が旅行中は浮きますし、作る心配も防げます。ただし、特にナチュラルなものを使用することにこだわっているキャリアはありません。

そういったことにこだわるのであれば、ご自身で赤ちゃん用のごはん(手作りも持ち込み可能ですし、瓶詰の市販のものも問題なし)を持ち込みましょう。赤ちゃんの食べ物に関しては、赤ちゃん自身がセンシティブな生き物でもありますから、航空会社も、そこまで厳しく言いませんし、赤ちゃんの飲み物(液体)料に関しては無制限なくらいです。

ANA 乗り継ぎTOP