ANAチケットのキャンセル方法と混雑時のキャンセル待ちについて教えて!

特に格安航空券を買った場合、もうキャンセルや予約変更はできないと思っていただいて良いでしょう。ANAの航空券の中にもそんなタイプのものもありますが、もしANAチケットをキャンセルできるならばどんな方法となっているのか、そして、混雑時のキャンセル待ちについてもご紹介したいと思います。

ANAチケットのキャンセルができるならその方法を知りたい!

ANAチケットのキャンセルができるならその方法を知る前に、あなたがもっているANAチケットがキャンセルできるかどうかはどう調べるのか見てみましょう。これは、購入先である旅行先だったり、インターネットで予約した際に必ず伝えられていることですが、チェックしていない方が多いですよね。

まずは購入した際の条件をよく読んでみましょう。それでほとんどは解決します。それでもわからないというのであれば、購入先の旅行会社やANAのホームページから購入した場合は、サービスセンターに電話などで問い合わせばすぐです。

しかし、基本的に割引航空券というのは変更はもちろん、キャンセルものも少なくなっていますので、かなり安く航空券を購入した方に関しては、キャンセルできないだろうなと、思っておいた方がよいでしょう。

では、キャンセルする際のやり方ですが、これは、ANAのホームページから購入した際にはサービスセンターへ連絡すれば、すぐに手続きをしてくれます。旅行会社で購入した場合には、旅行会社に電話すれば、返金時に必要となるあなたの口座情報などを聞かれるので、用意しておきましょう。

インターネットで購入した場合には、インターネットであっても、旅行会社を経由していることが多いです。ですので、販売元をチェックしてみましょう。そして、そこに出ている連絡先に電話をすれば、キャンセル手続きを行ってくれます。

キャンセル料に関しては、基本的に手数料が発生するものとなっています。ただし、ANAで直接買った方に関しても、この料金は予約クラスによって異なりますし、旅行会社で買った方の場合には、各旅行会社でキャンセル料の設定が異なるので、必ず確認してください。

お盆シーズン、年末年始シーズンのために!キャンセル待ちする方法は?

皆さん、大体混むシーズンというのはわかっていますし、その時期に皆さん旅行へ行こうと思うので、できるだけ早く必要な航空券をゲットされる方が多いですよね。それでも、席数に対してそれを欲しがる方の方が圧倒的に多いので、特にお盆シーズン、年末年始シーズンというのは、すぐにフライトが満席となります。

それでもあきらめたくありませんよね。そこで、ここでは、ANAのフライトをキャンセル待ちする方法をご紹介しましょう。例えば、旅行会社を経由してANAのチケットを手に入れようと思っている方は、旅行会社にキャンセル待ちを依頼すれば、彼らがシステムを使ってANA側にキャンセル待ちを入れてくれます。

この時、希望の便があれば、いくつかピックアップしてすべてにキャンセル待ちを入れることができます。ANAのホームページから予約しようという方は、ANAマイレージクラブ会員であれば、インターネットでキャンセル待ちを入れられます。空席確認をした後に、空席待ちを選べば良いだけです。

ただし、ANAが提供している多くの割引運賃航空券の場合は、これができないことが多いので、前もって確認してください。そして、絶対に注意しなければいけないことが、いろいろな旅行会社、それにANAと旅行会社、どちらにも予約を作ってもらい、キャンセル待ちを変えるということです。

キャンセル待ちをいろいろなところでやっておけば、その分それが通る確率が高くなると思うかもしれません。しかし、実際にはダブルブッキングとなり、どちらのキャンセル待ちもキャンセルされてしまいます。例えば、片道は便がとれていてもう片方がキャンセル待ちで、いくつかの旅行会社で同じ予約を入れると、今まで取れていた便もキャンセルされます。

ANA 乗り継ぎTOP