ANAフライトの荷物に関する疑問を徹底的に解決しよう!

とにかく、最近では手荷物、預け荷物に関して、個数や重量がどの航空会社も厳しくなっており、日系航空会社であるANAだって、この辺りは、かなりシビアになっています。では、そんなANAフライトの荷物に関する疑問を徹底的にここで解決していきましょう。

ANAの国内線フライトの手荷物の制限について教えて!

ANAの国内線の手荷物の制限に関しては、飛行機のタイプによってこれが異なりますが、一般的には、三辺のトータルが115cm以内のものであることが条件となります。ただ、わざわざこの大きさをはかるのも面倒だという方が多いですよね。

その場合には、通常、ドラム缶バッグと呼ばれるもの、ボストンバッグで、見た目的にも通常の大きさであるものは、確実に、機内に持ち込めます。不安な方は、空港カウンター前に、必ず機内持ち込みできるサイズをはかれる道具がおいてありますので、それを利用してチェックしてみてください。

さらに、トランクタイプの方であれば、売っている時に、ほぼ必ず「機内持ち込み可能」という札が書いてありますので、それをチェックして購入すれば、国内線だけでなく、国際線にも利用していただけるので便利です。

しかも、キャスターがついているので、重さを感じることもほぼなく、重い荷物を軽々と運ぶことができるので、トランクタイプは便利です。しかし、サイズだけではなく、重量にも制限があり、これは10kgまでとなっています。

この荷物に含まれるものは、水分で国際線のように、特に量の制限はないので、基本的には普通に入れていただいて大丈夫です。ただし、水漏れするものというのは、他の荷物にも危害を与えることがあるので、手荷物としても、預け荷物としても、そして、国内線でも国際線でも絶対に持ち込んではいけないものとなっています。

もし、水漏れしそうなアイテムを持ち込んでいる場合には、後で損害賠償となり得ることもあるので、水漏れしないよう、真空パックにするなどして対策を立てておいてください。そうすれば、機内にも問題なく持ち込んでいただけますよ。

ANAの国際線フライトの手荷物の制限について教えて!

国内線は、日本国民がほとんど利用するフライトですので、海外のように宗教的な問題で飛行機を使ったテロが起こりにくいと日系航空会社は判断しているのでしょう。そのため、機内持ち込みなどに関しても、世界の国々と比較しても、かなり寛容なものとなっています。

しかし、国際線に関しては、国際法に基づいたチェックをしているので、国内線とはだいぶ異なります。では、ANAの国際線フライトの手荷物の制限についてご紹介したいと思います。国際線におけるANAの手荷物に関する制限は、国内線と同じように、三辺の和が115cmのケースが1個までとなっており、重量は10kgまでです。

ただし、ハンドバッグやパソコンケースなどは1個としてカウントされないので、こういったサブバッグを外したメインのバッグが1個持ち込めると思ってください。この時のサイズをはかる際には、キャスター部分や持ち手も含めた高さになるということを覚えておきましょう。

実際、ANAの場合は、手荷物のサイズや重量をはかることは基本的にはないので、正直、あまり気にする必要はありませんが、それは、日本から出発する際のみです。海外からの場合は、日本人スタッフや、日系スタッフもいますが、マニュアル通りに対応する方も多いです。

その際には、バッグを預けなければいけないということもありますし、既に預け荷物として制限ギリギリの個数と重量の荷物がある場合には、エクストラの費用を払わなければいけなくなります。

ですので、そういったことがないように、サイズや重量に関しては、国際線は前もってしっかりチェックしておきましょう。そうすれば、スムーズなチェックインとエクストラ費用のない空の旅を実現することができます。

ANA 乗り継ぎTOP